ナレーション
名言数トップ5

ナレーション

なれーしょん

流派
必殺技
不明
身長
不明
体重
不明
勝率
-

ランキング

勝率ランキング
-位(319人中)
身長ランキング
-位(319人中)
体重ランキング
-位(319人中)
試合数ランキング
-位(319人中)
名言数ランキング
5位(319人中)
勝利数ランキング
-位(319人中)
敗北数ランキング
-位(319人中)

ナレーションをチェックした人はこんな人物もチェックしています

ナレーションにとくに関係の深い人物を紹介。宿敵やライバル、家族や恋人、友人など。

ナレーションにとくに関係の深い人物はまだ登録されていません…。

画像

ナレーションが活躍する画像を紹介しています。

食事・料理(バキ飯)

ナレーションが食べた、作った料理を画像・擬音付きで紹介します

ナレーションの食事・料理(バキ飯)は見当たりませんでした…。

関連商品

関連する商品を紹介します。

ナレーションの関連商品は見当たりませんでした…。

戦績

ナレーションの対戦相手や決め技を紹介します。

未登録です。

名言・セリフ

ナレーションが語ったといわれる言葉。人柄や戦いのなかの心情が見えてきます。

信仰が暴挙を生み、暴挙のみが奇跡を生む!!!
最大トーナメント決勝戦。ジャック・ハンマーVS範馬刃牙。 ステロイドの過剰摂取の行き着く先としてマックシングにより、大量の嘔吐とともに身体がみるかげもなくしぼんだジャック。 しかし、そのパワーはなにも衰えることなく、むしろ鋭さが増した。 全文は以下。「薬物(ステロイド)と肉体とのせめぎ合いの果て、滅びゆく肉体...しかし、幾千幾万 夥しい犠牲の向こうに例外が存在する。日に30時間の鍛錬という矛盾!! この矛盾をひたすら鍛錬の密度を高めることで補い続ける。オーバーワークの弊害が常識化した暴挙とも言えるこの信仰。信仰が暴挙を生み、暴挙のみが奇跡を生む!!! 丹念に造り上げられた巨大な筋肉は、贅肉と断ぜられ、淘汰され、切り捨てられ...筋と見紛うほどに細く引き絞られた高密度な肉体はまさに...ダイヤモンド!!!」
丹念に造り上げられた巨大な筋肉は、贅肉と断ぜられ、淘汰され、切り捨てられ...筋と見紛うほどに細く引き絞られた高密度な肉体はまさに...ダイヤモンド!!!
最大トーナメント決勝戦。ジャック・ハンマーVS範馬刃牙。 ステロイドの過剰摂取の行き着く先としてマックシングにより、大量の嘔吐とともに身体がみるかげもなくしぼんだジャック。 しかし、そのパワーはなにも衰えることなく、むしろ鋭さが増した。 全文は以下。「薬物(ステロイド)と肉体とのせめぎ合いの果て、滅びゆく肉体...しかし、幾千幾万 夥しい犠牲の向こうに例外が存在する。日に30時間の鍛錬という矛盾!! この矛盾をひたすら鍛錬の密度を高めることで補い続ける。オーバーワークの弊害が常識化した暴挙とも言えるこの信仰。信仰が暴挙を生み、暴挙のみが奇跡を生む!!! 丹念に造り上げられた巨大な筋肉は、贅肉と断ぜられ、淘汰され、切り捨てられ...筋と見紛うほどに細く引き絞られた高密度な肉体はまさに...ダイヤモンド!!!」
勝ち続けることで支えてきた自我。その実、一度の勝利もなかったと解した今、彼(ドリアン)の脳は自我の崩壊を選択した
不器用なタイプでもなかった。しかし確信とも言える肉体信仰が、少年に乗り物を選択(えら)ばせなかった。急ぐのだからこそ奔(はし)るッッ
初めて受け容れる敗北...。心に去来したものは、それは意外にも解放という名の歓喜(よろこび)だった
環境利用闘法師範(マスター)、ガイア見参!!!
毒手命中!!!
そしてついに、そしてとうとう、刃牙驚天動地の反撃が開始(はじま)る!!!
今 少年の肉体に空前の超回復が起ころうとしていた!!!
全文は以下。「猛毒に冒され、極限まで衰弱しきった少年の肉体。そこへ闘争による更なる負担が加わり、人体最後のエネルギー貯蔵庫である肝臓のグリコーゲンすらも底をついた...。闘争へ加え酷使に継ぐ酷使...。もはや破壊され尽くした少年の筋肉細胞達...。細胞達(かれら)は...復讐を誓っていた。次なる酷使に対する復讐...。今後もし同じ事態が起こったなら、必ず...必ず独力で乗り越えてみせる!!! 人ならぬ神の創造(つく)り給うた肉体...。神の誓いし復讐に誤り(ミス)はあり得ない! 今 少年の肉体に空前の超回復が起ころうとしていた!!!」
一流シェフが作る極上のスープは、ほんの一口啜っただけで、大釜いっぱいに満載された材料をイメージしてしまうほど雄弁だという。雄弁な、それはなんと雄弁な一撃だったろう
マホメッド・アライが息子に放った一撃は、5年余りのトレーニングがどれほど苛酷だったのか、流した汗がどれほどの量だったのかを物語っていた。
まるでミスター2(セカン)が存在しないかのような看守達の態度は異様さを極めた
仮に女・子供の手によって、大の男を倒す技術(わざ)があるとするなら、まずは金的、次いで目突きの2つが挙げられよう。しかしもう一つ、技術とは言えない必殺の方法(わざ)が存在する。踵である。体重30キロあまりの小学生が、大の男を踏みつけ一発で悶絶させること。それはあまりに簡単だ
相手は人間(ヒト)ではない! その思いが、リーダー格 唇(リップ)の細胞に逃走を命じた。他人(ヒト)と我の尿...混ぜもの(ブレンド)をまきちらしながら
殺し合いをする猛獣同士ですらが、戦いの途中 邪魔が入るなり協力し合い排除するという
一切の私語が厳禁のハズのこの空間で、受刑者が存分に語らう。それが許容(ゆる)されている。なぜなら、今日は誰も脱走(にげ)ないから!
何度繰り返そうが...勝つも負けるも言ったもの勝ち。世界一 曖昧なゲーム。勝つも負けるも言ったもの勝ち。世界で一番優しいゲーム
オリバとマリアのじゃんけん。
永き決闘(たび)の終焉(フィナーレ)...刻来る
生誕46億周年記念、地球史上最強(オールタイムランキング)を決定(きめ)る!!!
悲しいほどの...野生...。滑稽なほど...野生...!!!
グルグルパンチ。作戦・戦法・戦略・効率等、一切の謀を捨て去った純粋な感情のみ。おそらくは、たぶん...人類最古、最終兵器(わざ)ではあるが、しかしその効力は...
築けるのか...ッッッ、4001年目ッッ
刹那...原人(けもの)の肉体は発火。五体は炎と化し、Tレックスを屠ったあの時の、トリケラトプスを打ち砕いたあの時の、ブラキオサウルスを怖じ気づかせたあの時の、強敵と認めた時のみ発動するあの日の全力(マックス)を、稀代の拳法家 烈海王にぶつけていた...
現代の盾と古代の矛。本日は矛盾せず...矛の勝ち
烈海王 VS ピクルとの戦いにて。
喰らうことは別離(わか)れること。呪わしき運命(さだめ)
食と生存...。生存と別れ...。共に分かち難く...。共に分かち難く...
人を斬る。その一点にのみ向けて作れらた日本刀がそうであるように。人を撃つ。その一点にのみ向けて作れらた拳銃がそうであるように。速く疾走(はし)る。その一点にのみ向けて作れらたモーターサイクルがそうであるように。一つの目的に向け機能を追求し、徹底的に無駄を排除したその姿は美しく...目的の善悪にかかわらず人心を惹きつけてやまない
機能美...。走る、跳ねる、捕らえる、狩る。闘い 仕留めるという行為に極度に特化した肉体...。刃牙の眼からはこの上なく美しく映ったことだろう
4001年目の中国武術との合流。そう、これが空手の501年目
母親が2人という特殊。最愛が2つという特殊。2つの心、2つなれども偽りなし
正拳中段突き。空手道場に入門したのなら、おそらくはその日のうちに習う技術であろう。日本空手道に於いては、基本中の基本。その存在はもはや技術の範疇さえも超越(こえ)て、象徴の趣さえある。その象徴が今、5万5千本の束となり、克己を叩いた
負けるな大将!!!
ピクルVS克己戦に駆けつけた神心会の5万5千人の門下生の総意である。
戦士は...歓喜していた。五体に刻まれたマッハの感触...。今や繰り出す技の全てに、最新の方程式は当てハマった
空手家 愚地克己21才の夏...灼熱の時間(とき)
なんという理不尽...。打ち込んだ者が跪き、被弾した者が見下ろす。嗚呼...何故 神はこのような者を現代に...
当てるという常識。当てるという大前提。当てるという全財産を手放した。そして手にした...さらなる音速(マッハ)...さらなる衝撃波...
この闘いは、ジャック対ピクルとは、最新VS最古の闘いッッ
意識失えど、なおジャック...地上最強のファックユー
自らが求めた、自らが認められる敗北。認めようにも、自らは深き昏睡状態のまま。生涯2度目の“日に2度の敗北”
ジャック・ハンマーはピクルによって、日に2度目の敗北を喫した。
あろうことかピクルは、大ジャック・ハンマーを食料としての保存を試みたのである
コツは軽ぅ〜く...軽ぅ〜く頬を...決して強く打ってはいけません。強く打つこと、それは相手に対する敬意になってしまいます。慈しむように、軽ぅ〜く平手で...これが効くのです。深ぁ〜く、相手を傷付けるのです
自らの凶器を、安全物と偽る超手加減!
バキの脆さにピクルは手心を加える。
強肉弱食...!!!
バキの死に向かう擬態にピクルは混乱した。
謎の打撃を体験したばかりのピクルの眼には、未だ落下のダメージから回復をはかれぬ瀕死のバキの姿を、地面をも自由に操る無敵の妖術使いへと変身させていた
どの好敵手(ライバル)とて出逢ったときには初対決...!!! 初対決は...ッッ、初めてではない!!!
原点回帰、ホモサピエンス同士、人間として戦闘(たたか)おう
トリケラトプス拳などをやめて、バキはピクルとの真っ向勝負を仕掛けようとする。
一度はヤリたい...真っ向勝負ッッ
トリケラトプス拳などをやめて、バキはピクルとの真っ向勝負を仕掛けようとする。
感動...努力...勤勉...。それらの装飾(デコレーション)は、しばしば勝負の純正を曇らせる...。勝利という単純(シンプル)な結晶を複雑にする
神が与え給うた確かな猶予。タンスの角に小指を強打する...。衝撃が教える、後に襲いくる痛度...。数瞬...そして約束通り訪れる、予測を下回ることのない本痛!!!
戦闘中毒者(ファイティングジャンキー)...格闘依存症(バトルジャンキー)...。男は孤高に退屈していた
あの蜚蠊(ゴキブリ)にだけ可能とされる、最高速(マックス)を初速(スタート)に実現!!!
困ったことに...雄(おとこ)はある日 勝手に目覚める。けっこう太い...けっこう硬い...。なんか...なんか...イケるッッ。敵を...想像う...。虚空に向け...一撃...ッッ。おお...ッッ、イケるッッ。イケるッッ、イケるッッ、イケるじゃん俺!!! そしてとうとう...出逢う日がやってくる。ホンモノの痛みと...現実の腕力と...ある雄(もの)は街頭で...ある雄は道場で、ある雄はジムで、己の持つ真の実力を思い知る...
強さとは...希望(のぞ)みを実現させる力...
勇次郎 VS 刃牙。勇次郎は刃牙の頭を撫でようとして拒否されるも、己の希望を力づくで押し通した。
古の剣豪同士がそうしたようにッッ。かつてのガンマン同士そうしたようにッッ。“抜く”と決断する0.5秒前!!!
今にも訪れる“今”、今やその“今”は今の直後に来るハズ!!!
息子 刃牙からの今宵最大の贈り物(プレゼント)。上顎(うわあぎと)と下顎...噛み砕く虎の顎になぞらえた秘技。その名も虎王(こおう)!!!
虎王は夢枕獏の格闘小説『餓狼伝』に登場する技である。物語を越境して登場したことは、読者を驚かせた。
この親子喧嘩は不和ではない。これって融和だろ! 世の全ての親子たちが...お手本とすべき親子関係だろ!!!
急所が集中する人体前面を、防御をかなぐり捨て刃に晒す。最早それは武術ではなく、格闘技ですらなく、強さ比較(くら)べ、男雄漢(おとこ)比較べ
見物人(ギャラリー)はハッキリと見た。掌の上で切れ目を入れられる豆腐を、まな板の上で刻まれるネギを。巨凶 範馬勇次郎会心の作、豆腐のお味噌汁を
前代未聞...空前絶後のエア夜食!!!
刹那二人が垣間見た(イメージした)もの...片や巨大なキノコ雲...に対し、片や地平線まで続く懐石料理(ごちそう)だったという
現存する近代武術 格闘技 格闘スポーツ...その全てで最速の技術(わざ)はジャブ!!!
兵(もののふ)は気付いていた。高速で拳が飛来するもっと以前(まえ)、後脚が大地を蹴るもっと以前、踏み込む「今」を決意したもっと以前。兵(もののふ)は気付いていた。敵の脳が発する敵本人も気付かない...決断0.5秒前の信号(シグナル)に!!!
1991年デンマークの作家トール・ノーレット・ランダーシュが唱えた「意識は0.5秒遅れてやってくる」
迷いなし。躊躇いなし。そして支持はなし...。それでも尚、天下無双也 宮本武蔵
仕掛けられた攻撃を正面切って叩き潰す。地上最強の生物という称号...という冠...。身を躱したのはいつ以来か...
投げる刹那...跳ぶ刹那...打つ刹那...筋肉は最柔になる。最硬直前の最柔
野性が逃走(にげ)だす「武」。野性が避難(にげ)こむ「武」。どっちが上だ!!? 見せろ本部!!!
奇襲成功せり!!!
「防弾チョッキ」は弾丸を通さない。だが大型の銃を相手取った場合、弾丸の侵入は防ぐも、その衝撃は凄まじく人体は危険に晒される
守護(まも)られてしまった者の内にある解放、安堵、感謝...の甘み。先を越されてしまった者の内にある焦燥、後悔、嫉妬(ジェラシー)...の苦み。二つ我にあり...
STATも日本国民...だからこそワカる。二刀流(これ)...ッッ、めっちャヤバイ!!!
スピードでいかに勝ろうが、技術(テクニック)でいかに勝ろうが...ッ、喧嘩はしょせんダメージの与え合い。最後を決するのはやはり体力!!
後に全世界に映像配信されることとなる「『生放送(リアルタイム)』エア斬殺事件」。武蔵の命運を決定付ける事となる
(花山について)広く開脚し両拳を高く広げたその姿勢は、相手の反撃などまるで考慮しない...。武術や格闘競技というより、「砲丸投げ」「槍投げ」「円盤...」投擲の姿勢(フォーム)を思わせた...。刹那!! 刹那の躊躇いもなく、闇へと踏み入った...!
彫物を背負った男と刀剣を帯びた男を、警察が黙して見ている。このただならぬ事態を警察が「見て見ている」フリをしている...
剣豪は考えていた...。この若者(花山)の背後、何故白い...? これが...この「立ち会い」の景色だと...。稀なり
白い...あまりの白さ...あまりの輝き...あまりのまぶしさに剣豪はつい、「目を閉じてしまった...」んだとさ...♡
影を産み出すから光は優しい。「影」をも容赦なく照らし尽くすとき、光は...「狂気」を帯びる
巨拳炸裂...
(アイアンクローを)実戦で使用(つか)う奴なんているの!!? いた...
刃牙が放った「ジャブ」上中下の三段打ち。顔面、水月、金的。一拍子に同時3発速射。さらには「最速」から初動するゴキブリダッシュは武蔵に間合を潰させず。加うるに...脱力を十分に効かせた手首(リスト)から先端(さき)の操作によるフリッカージャブの初弾は、武蔵の眉間を深く抉った。以上 3種現代格闘技術を同時多発駆使
物理的には斬られてない。実際に「刀」で斬られたワケではない。なのにどうだ!? 抗おうにも抗いきれない、絶対の「斬られた!!!」感ッッ。自己(おのれ)が否定しようにも肉体が認めてしまっている!
力の士(おとこ)と書いて「力士」って、おいおい...大きく出やがったな「相撲取り」...。なぁ...力士ってどんくらい強ぇえんだ?
彼ら力士に備わる能力。筋量...体脂肪...柔軟性...心肺機能...それら全てはわずか「10秒余り」の為に作られる「力士」の10秒...
謎多き「強者(つわもの)」力士を丸裸にする。「10秒」の密度に切り込みたい
刃牙道のラストである。全文は以下。「神事...。何故シックスパックがいない...? 何故長距離を走らない...? 何故あんなにも食べる...? 何故スタートの合図がない? 何故 最新のシューズを使用しない? 謎多き「丸いジャングル」。力士の肌を探り...体脂肪の謎に迫り...謎多き「強者(つわもの)」力士を丸裸にする。「10秒」の密度に切り込みたい」
「気」が、「機」が満ちた...
打撃慣れしていない力士相手には、いささかやり過ぎの感もある全力のバックハンドブロー。会心の的中(あた)り..。刹那、脳裡に浮かんだ巨岩の影像(イメージ)
(巨鯨は)「まるで巨人...」ではない。まさに巨人...!!!
巨鯨(おおくじら)...三十日[一月(一突き)]で今日も勝ち
“地から足が浮く”ことすらを「恥」とする力士。「力」で引っこ抜くには、“持ち上げさせぬ”歴史、技術がブ厚すぎた
強いと知ったその日からッッ、居ても立っても居られないッッ。関わらずには居られないッッ。試さずには居られないッッ。勝負せずには居られないッッ
格闘技界 最高級ブランド 大相撲。歴史が違う。格が違う。才能が違う。財力が違う
「超攻撃偏重型」...の姿勢(フォーム)。「防御」の概念が微塵もない。故に、的中した際の衝撃力は甚だデカい
仮に地面から頭だけを出した状態にしたとしよう。その頭を屈強なアスリートが思い...ッきり、蹴飛ばしたとしよう。おそらくは痛みすら感じることもなく、絶命できるだろう。大相撲関脇 獅子丸の喰らったのは、そういうシロモノだった
愚地克己による顎の蹴り上げであった。
巨大(おお)きな出力(ちから)のための、ゆッるゆるの果てしない脱力の果ては、液体化だったのだ!!! 個体である肉体の液体化...。昆虫を師と仰ぎ、「鋼」と化した皮膚の内側を「液体化」する。液体が「鋼化」するその振り幅こそが、出力(ちから)となる!!!
出雲の郷からやってきたッッ。太古の郷からやってきたッッ。相撲は宿禰から開始(はじ)まったッッ。一方、最新にして最強ッッ、最先端の横綱だ!!! 近代相撲の最高傑作が、今ッッ、相撲の源流に挑戦(いど)むのですッッ
古代相撲 VS 大相撲ッッ。阻むものなにもなしッッ!!!
仕留めきる「投げ」ッッ。古からの直送ッッ。最凶最悪のアバラ投げだァーッッ!!!
プロレスラー アントニオ猪狩氏は、日本格闘技(プロレス含む)史上初、「試合場」における暴行容疑の犯人、栄誉の逮捕者として歴史にその名を刻む
古武道に伝わる完全なる眩惑(フェイント)に隠された必殺の両手貫きが、鬼の反射神経に凌駕された!!!
目の上のタンコブと呼ぶにはもはや強大過ぎる相手(てき)であった...。ツッパリの世界を生き、相手の戦力を計ることにかけては超一流といわれる北沢の眼力が、ハッキリと範馬刃牙に近付くことの危険を告げていた...
北沢は中学三年生にして、渋川流合気の護身を身につけていたともいえる。
花山薫の喧嘩を目撃する!! 不良をする者にとって最高の名誉(ステイタス)

ナレーション関連のキャラクター(登場人物)

ナレーション関連のキャラクター(登場人物)は見当たりませんでした…。

バキ・刃牙の登場人物(キャラクター) 人気ランキング

1位 (144view)
スペック
最凶死刑囚のひとり。見た目は多く見積もっても50歳前後だが、実年齢は97歳...
スペック
2位 (122view)
花山薫
最強の喧嘩師。モデルは実在したヤクザの花形敬。 弱冠15歳にして藤木組系...
花山薫
3位 (115view)
ジャックハンマー
範馬勇次郎の息子。刃牙の兄になる。 カナダの賞金稼ぎ(ピットファイター)...
ジャックハンマー
4位 (101view)
渋川剛気
モデルは塩田剛三。 渋川流合気柔術の達人。護神流合気柔術の開祖・御輿芝喜...
渋川剛気
5位 (79view)
範馬刃牙(バキ)
範馬勇次郎の息子。モデルは格闘家の平直行。 幼少から勇次郎に格闘技の英才...
範馬刃牙(バキ)
6位 (79view)
範馬勇次郎
モデルは漫画『のたり松太郎』(ちばてつや作)の坂口松太郎。外見のモデルはマ...
範馬勇次郎
6位 (76view)
愚地独歩
神心会空手の創始者。モデルは極真空手の大山倍達、拳道会総師中村日出夫ら。 ...
愚地独歩
6位 (76view)
ピクル
白亜紀の「恐竜時代」を生き抜いた原人。恐竜を常食にしていた。厚さ1000メ...
ピクル
9位 (65view)
ビスケットオリバ
作中最強の筋力を誇るアメリカ人。モデルはセルジオ・オリバ。アリゾナ州立刑務...
ビスケットオリバ
9位 (65view)
花田純一
登場時は本部流唯一の免許皆伝者。 300キログラムのバーベルスクワットをベ...
花田純一
11位 (61view)
宮本武蔵
クローン技術により現代に蘇った天下無双の剣術家。
宮本武蔵
11位 (72view)
ヘクター・ドイル
最凶死刑囚のひとり。
ヘクター・ドイル
11位 (61view)
ドリアン
最凶死刑囚のひとり。怒李庵(ドリアン)海王。白林寺で中国拳法を極めた。
ドリアン
14位 (58view)
柴千春
タイマンなら負けない、根性だけで闘う格闘技の素人。 暴走族「機動爆弾巌駄...
柴千春
14位 (58view)
龍金剛
初登場時は大相撲の現役横綱。一流プロレスラーの久隅公平を圧倒した。
龍金剛
14位 (58view)
マスター国松
柳龍光の師匠。大日本武術空道。FBI、軍隊(アーミー)、警察(ポリス)、要...
マスター国松
17位 (54view)
柳龍光
最凶死刑囚のひとり。
柳龍光
17位 (54view)
館岡
元柔道世界一の格闘家。 猪狩完至を「会長」と呼び、地下闘技場での試合を希...
館岡
17位 (54view)
相沢レポーター
TV番組の女性レポーター。無謀にもピクルに話しかけ、生放送中に衆人環境の中...
相沢レポーター
17位 (54view)
佐部京一郎
現代日本で並ぶ者なき剣法家。九段。 21世紀の近代国家日本で存在する“人斬...
佐部京一郎
21位 (50view)
アンドレアスリーガン
身長240センチ、体重310キロの超巨漢プロレスラー。 アニメ版では諸般の...
アンドレアスリーガン
21位 (50view)
李猛虎
韓国の打撃格闘技「テコンドー」の選手。韓国海兵隊格技主席師範。 最大トー...
李猛虎
21位 (50view)
観客、通行人
観客、通行人
21位 (50view)
Jゲバル
通称「ミスター2(セカン)」。本名は純・ゲバル。日系2世。年齢は31歳。無...
Jゲバル
21位 (50view)
ボブマッカーシー
アリゾナ州立刑務所の刑務官。年齢は27歳。ブラックペンタゴンにおけるオリバ...
ボブマッカーシー

バキ・刃牙ガイドとは

バキ・刃牙の面白さがいろいろな角度で伝えられるように。試合勝敗や名言をいろいろ紹介。

バキ・刃牙をもっと深く知る

食事・料理(バキ飯)
グルメ漫画としても名高いバキシリーズの食事・料理シーンを紹介します
流派
古武術、マニアな格闘技からメジャー競技まで流派別に登場人物(キャラクター)を紹介します
シリーズ
シリーズごとに収録試合を紹介します
喧嘩・試合会場
試合会場別に開催された試合が一目でわかります
画像
バキ・刃牙の登場人物や試合の画像を紹介します

鬼滅の刃ガイド

ジョジョの奇妙な冒険ガイド

キン肉マンガイド

喧嘩稼業ガイド

終末のワルキューレガイド